Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

虎屋で煎茶。

f:id:ikedaartplanet:20210308234243j:plain

f:id:ikedaartplanet:20210308234257j:plain

 

 

コロナ前のことを

すっかり忘れておりました。

虎屋の生菓子をいちど全て食べてみたい。そー思っていたこと。

 

 

 

毎月季節の生菓子が6つ出ているので

年間ならその12倍ぐらいでしょうか。

その全てを一つずつ食べに来て

七十二候の季節の移ろいを満喫したい。そんなことを考えていたのです。

…人と会うこと。出かけること。

何より愉しむことを躊躇する時間がこうも続くと

ささやかな夢は真っ先に

頭の中から消えてしまうのでした。

 

 

緊急事態宣言解除。行動は自由になりましたが

心はいまだ不自由で意識しながら

少しずつ暮らしを見つめ直しているところ。

青草を踏んで春を感じとるような細やかさにはほど遠く、

踏青の思いで過ごしております。