Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

映画館で見る予告編。

f:id:ikedaartplanet:20220204234004j:plain

 

 

先日

上映映画の前にこんな予告が流れていました。

本編とまったく関係ない映画の予告はやめてもらいたいです。

どー言う基準で選んでるんだか。

 

 

今日から放映。見に行かないけど。

まちがいなく歴史的な失敗映画の予感。絶対。

感動も高揚もないはず。なんのための映画かな。

ただ「その失敗作。オレ実物を観たよ」

レア度を自慢できると思うのです。タダでヒマならみたい。

ワタシたちが知らないうちに

世の中ではこんなB級映画が生まれているのですから

日本経済にもすこしは余裕あるみたいです。