海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

能登をおもう。

 

 

 

 

元旦の地震から24時間経過。余震は続いている。

そしてまた日が暮れていく。

 

 

 

 

金沢。能登半島

何度訪れたか。十回や二十回ではないはず。

ニュースで被災の映像が流れ出した。どこもかしこも見覚えがある。

遮断された海沿いの道。崖がくずれた場所すらわかる。

 

 

 

平々凡々な日本の町に災いが降りかかる。

 

 

 

突然、無作為に。

たちの悪いルーレットゲーム。

年齢の分だけ多くの災害を見てきた。

関西の震災も東日本の震災も熊本も広島も鳥取も台風まで数えだしたら切りが無い。

いつも根本的な解決策はない。ふたたびどこかでくり返される。日本の宿命。

今は祈るしかできないが

これは他人事ではない。災害は個々だけの問題ではなく国民全員で対処すべき案件。

輪島も珠洲も本当にふつーの町だった。

なにかのちからに。なりたいです。