Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

キャリーケースがやってきた。

いーかげん新調したかった 20年使っているキャリーケースが2個。古女房たち。 どちらも壊れました。ついに。やっと…。 20年の進化はとめどなく… なにより汚いケースでもう旅行しなくてもいい幸せ。 かみしめております。 ブランドものとかじゃないけれど フ…

ガゼボです。

COSTCOでみる大きいやつ。いいっすよね。 日本家屋なら東屋ですが これが何かわからないまま二十年ほどたってました。 これGAZEBOです。 直訳するとやはり東屋。 本体20万円ほどなんですよね。組み立て送料と地盤の改良費は別ですが。 だれもがイイな。安い…

6週間まちました。

新MacBook Pro。ついに明日到着のメールあり。 店頭で支払いを済ませたのは12月のはじめ。 こんなに大人しくモノを待ったのは ちょっと記憶に無いぐらい。 明日うけとってから日記にUPすりゃよかったのですが けっきょく最後の1日が 待てませんでした。

Fritz Hansen EGG CHAIR。

昨年から椅子選びは続きます。 エッグチェア。スワンチェア。などなど 類型の品がMid-Centuryには多くあってどれもまー同じよーなもんですが Fritz Hansen EGG CHAIRにだけは秘密がある。 〈それは…2脚買えばわかる〉って言っても いまは誰も知らないんです…