海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

2023-11-01から1ヶ月間の記事一覧

「パン焼き器」25年ぶりに買い換えた結果。

90年代に買ったカリフォルニアの Williams Sonomaのパン焼き器。当時かっこいい垂涎の逸品。 ツマとパンの歴史そのもの。修練と試行錯誤の日々。 今回の家電総入れ替え。 パン焼き器はPanasonicの最高機種に変身。 まずは毎回"粉の品種"を変えて焼きながらデ…

宵闇に浸る。

仕事の手をとめ"赤い空"をみる。 すでに誰もいない庭。薄闇の外構現場をみて歩く。 簡易椅子をひろげて庭の中央へ。暮れるまで浸る。 最後の宵闇。 明日からは冬の雨。 椅子。さすがに片づけました。 次に使うのは5月です。

「知好楽」仕事の環境について。

このままでいいのか。 変わるべきなのか。 人生で大きな決断なんて必要ない。してこなかったと思っても 決断のときに現状維持を選んでいただけ。 小さな選択に至っては日々の習慣。それこそが人生といえるもの。 どうやっても5年10年で周囲の環境は変わる。…

松葉を食べに「床瀬そば」蕎麦街道を行く。

兵庫の但馬は"出石そば"を筆頭に蕎麦が有名。 しかし美味いそばはソレ以外にも多々あります。 今回は神鍋・蕎麦街道で注文する「松葉」の話。 松葉ガニではございません。 "鶏の鎖骨"です。松葉の形の稀少部位。 この呼び名はすでに過去の言葉かも。全国的に…

愛すべき日曜朝の釣り人たちへ。

朝6時前に起きる。 これはここに住んでからの良い習慣。 最近の6時はまだ暗い。ですがヤツらは必ずいます。 気温は5°。なのに腰まで水に入ってるアングラーが3人。 釣り船は2隻か。家から10人ぐらいは目視できる。 どこから来たのか。何時に起きたのか。そし…

「土曜のランチ」はサクッと一番近い店で。

ワガヤから一番近い美味い店。 クルマで5分。 "丹後ジャージー牧場"ミルク工房そら・工房Cafe。 めあてはイタリア輸入窯で焼く自家製チーズのピッツア。 半径100kmの「ピッツアBEST2」の一軒です。 この店がワガヤに近いのは偶然ではなく ココに移住した理由…

おだやかだった前日の夜と当日の朝。

朝から「外構の定期打合せ」 前日は出かけており深夜帰宅。 当日の朝。庭をみると見違えるほど工事がすすんでおりました。 ほとんど"一夜城" 絵画のようにおだやかな早朝の風景。 その後昼には天候だだくずれ。 今は深夜。外は立っていられない強風。風の音…

外構日記:モノリスもしくは物体X。

気になるヘンな家。 異形の石碑"突如現る。 今だ用途も知れず。 敷地を取り囲むように並ぶ鉄柱たち。ながく放置されている。 これも謎。 この家は1年前に完成したはずでは。なぜ今こんなことに。 どうして土を掘り起こしたのだろう。 最近はだれか住んでいる…

最終報:そして生きる。

鮮度が命といいますがホントです。 もっちりぷりっと美味い天然の真鯛。 合わせた酒は高木酒造の「朝日鷹」山形県民のための地元限定販売酒。 地のものをたべて生きる。 理にかなった生き方。 そういうことが面白く そう出来ている今はしあわせです。

続報:50cmの鯛さばくのはえげつなかった。

熱狂と感動。 堅すぎる。怖すぎる。後悔のさきの達成感。 終わってみればイイ経験でした。 "骨のかたいおおきな鯛さばくのは業者の人に任せましょう" 所要時間1時間。 ツマありがとう。ワタシも一部手伝いましたが生きるってツラいと実感。 いつもの板前さ…

速報:50cmの真鯛いただきました。

お昼にピンポン。 ご近所の仲良くしていただいている"船長夫妻"から鯛をいただきました。 どどーん。「デカい。こんなんいただけるんですか」 海辺の恩恵に感動。どーたべるのがBESTかたずねると「刺身で」とのこと。 魚さばくのはツマの担当。ワタシはムリ…

夕暮れにマジ思う。

日が暮れる前に工事の人はひきあげて 沈む夕日を眺めるのは "ワタシと作業途中の現場"だけ。 〈ちゃんと進んでるのかな〉 前庭アプローチはほぼ完成ですが植栽はまだ。 裏庭はご覧のように同時進行なので完成した部分がいまだ無し。 今週は雪も降るらしい。…

外構日記:天国への階段。

And she’s buying a stairway to heaven 昼の休憩時間。 "天国への階段"が売っているならココかもしれない。 彼らは明らかに天国にいちばん近い場所にいるから。 ここには地面と空しかなく世界には自分一人しかいない。 昨日の天候は地獄そのもの。 なのであ…

砂丘から砂丘への旅。

「スタバはどこかな」 アプリをみると何処にもない。たぶん我が家が"本州で最もスタバが遠い辺境地" これは現実。 久美浜砂丘から鳥取砂丘へ。 ココより西は鳥取スタバ。電車で3時間39分。距離87km。クルマで2時間強。 行きましたよ。ラテ飲むためだけにね。…

みんなが勧める"uRashiMa"へ行く。

uRashiMaのピザがおいしいよ。 地元のひとだけでなく 京都市の飲食系のひとも〈京丹後市の美味い店は〉と聞くと最初にあがる店。 網野のuRashiMa。 ナポリピザの世界大会で2位になったオーナーシェフの店。 〈席がカウンターの5席だけ〉なので私的にまずムリ…

まずは無人のビーチで挨拶。

納車の翌日。全国で強風警報がでている荒天日。 見渡す限り海辺には サーファーもキャンパーもだれもいない。 〈車と人のファーストコンタクト〉 まずは近所の無人のロングビーチへ。 四方から眺めて撮影。遠くの海と空をみて初対面の緊張をほぐし休憩。 さ…

納車は友引の夕方。

クルマがやっと来ました。 京都市内ではタイムスのカーシェアリングが最高でしたが 京丹後市ではそうはいかない。 クルマがないと田舎の生活はやはり厳しい。 雪国ゆえに4WD。モーター駆動。30年ぶりの日本車。おもえば日本車の新車購入は初めて。 "納車式"…

第二の人生。

朝昼晩と日々の暮らしの中心にいて 常に見守り続けてくれた存在。 ご苦労様。 28年間。あなたがそこにいてくれてどれだけ安心できたか。 これからはセカンドライフ。 "食器棚から本棚へ" こーいう転身がサラッとできたら幸せですが 人の道はむずかしいもので…

30年ぶりに"カトラリー"を一新。

引っ越してから半月。 のらりくらりカトラリーなしで暮らしています。 そうそう買い換えるモノではない。20代に買ったまま使い続けていましたが 引っ越しで心機一転。 良い機会だからカトラリー全部買い換えようと前の家をでるとき廃棄。 そして半月。ついに…

岡崎で一泊。

用事があって京都市へ。 東山駅のホテルに宿泊。 分水嶺のThreeHorsesで朝食。 京都市美術館で休憩後。チェックアウト。 なにげに先日の"京都最後の日"と同じ場所。 なのになんの感傷もなく ただただ清々しい朝。 はやく家に帰りたい。 ここはすでにホームタ…

暴風雨と夕日と虹。

360°の空。 ここは空がどこまでも広い。 山の向こうと海の向こうでは違う天候。 暴風雨が止まない我が家を中心に四方の空がみんな違う。 天候の混沌。 〈うごめく雨。流れる雲。遠くからの斜光〉 〈風任せ。波は常に風下に向かい鴨は流されぬよう風上へ泳ぐ…

日々の海さんぽ。

気持がいい。 毎朝の海さんぽ。 夕方の海さんぽもたまにいきます。 海の表情はいろいろ。同じ色の日はない。 今日はどこまで歩こうか。 距離はその日の気分次第。 強風で100mで戻ることも。今は続けることがなによりかと。 自然と6時にめざめるカラダ。 海さ…

まだ置いてるだけ。

引っ越して10日目。 まだ家電とかしらっと置いてるだけ。 配線できてないし。 平常に戻るのは当分無理。 Xmasまでには…なんとかしたいです。

家具の嫁入り先。

心機一転。 前の家の持ち物はおおかた処分しました。 30年間ありがとう。 思い出の家具達はふたたび仲間達のもとへ。 仕立て直され 嫁いでいきます。

外構日記:楽園へのステップ。

〈突然掘り起こす〉 この二日は工事が休みで快適な暮らし。きょうも休みかなーと思った朝。 つかの間の幸せを切り裂く 2台のコンボのうなり。 裏庭全面をくまなく掘りまくって昼が過ぎ〈全てを埋めて〉夕方には平地に戻りました。 スプリンクラーの設置。 こ…

小天橋駅から豊岡駅へ。

ウチからゆっくり3分。小天橋駅。 11月なのにヒマワリ咲いてる。 車窓の奥。海が郵便局とウチのあいだから見える。 けっこう便利。 10時18分の列車で出かけて 20時44分に小天橋駅に戻るのがよくあるパターン。 帰りの電車は1時間に1本。豊岡発20時16分西舞鶴…

さいごの朝。

10月31日。なんにもなくなり寝ることも出来ないので はじめて「京都のホテル」に泊まり 旅行者のように朝食をたべる。 住んでいた界隈をまぶしく眺めて。 そのあと町家Atelierを引き渡し みんなとはさよなら。住み続けた京都にもう家はない。 「海のAtelier…

海一列目のAtelier。

"仕事中たびたび海辺に座る" 依頼のデザイン案が1つ仕上がる。 疲労困憊で海辺へ。波音につつまれ即リフレッシュ。 Atelierにもどってサブ案ができて また海辺で一息。すぐ復活。 ああ贅沢な仕事時間。しかも効率的。 サンダルはいて水際まで8m。 ここは自分…

まず近所のスーパーへ。

きょうは自転車。最寄りの店に足りない食材を買いに行った。 ついでにランチもたべた。 海こえ山こえ谷こえる。 日常のギャップ。そこがたまらん。 海辺ですれちがう見知らぬ人。みんな挨拶。 ここはもう違う星。

朝が来た。

到着したのは夕方。 ここは京都の最北西。久美浜。本日完全移住。 ざんねん 駐車場はまだできてない。 海一列目暮らしスタート。 すべてのはじまり。 ようやく朝が来た。