海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

松葉を食べに「床瀬そば」蕎麦街道を行く。

 

 

 

 

 

兵庫の但馬は"出石そば"を筆頭に蕎麦が有名。

しかし美味いそばはソレ以外にも多々あります。

 

 

 

今回は神鍋・蕎麦街道で注文する「松葉」の話。

松葉ガニではございません。

"鶏の鎖骨"です。松葉の形の稀少部位。

この呼び名はすでに過去の言葉かも。全国的にはほぼ消えかけております。

しかし但馬地区の蕎麦街道で蕎麦の相方の炭火焼きはもっぱら

"山女と松葉と椎茸"この3つだけ。

肉とはすなわち松葉。それのみ。なんといさぎのいい。

 

 

 

床瀬そばで「そば大とそば並み。炭火焼は山女と松葉と椎茸をひとつずつ」注文。

ここは土地の文化が濃く残っている。

山陰地区。興味深いです。