海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

看板建築からの現代住宅。

 

 

看板建築ってコトバ知っていますか。

 

 

木造和風の建物の前面に、

衝立を置いたような看板を兼ねた外壁を貼り付け、

あたかもキャンバスのように洋風の外観を描き付けた〈張りぼての店舗併用住居〉

レトロな映画で見かける千と千尋的なこんな建築物の総称です。

京都の建造物を学生のとき調べていたのですが当時はそこそこ残っておりました。

 

 

 

 

 

関東大震災後のバラック復興で誕生。

木造店舗の前面だけに銅板・モルタルなどの不燃材。これは震災による防火意識の芽生えから採用。

モダンなお家は前面がモダン。

屋根が見えないだけで子供にはほとんどビル。実際立派に見えます。

 

 

 

 

〈安易に屋根は見せない〉モダンな建築のポイントのひとつ。

看板建築の時代は終わりましたが現在の住宅でもノウハウは生きています。

 






外壁を立ち上げて屋根を隠しスクエアな外観に仕上げる。

ウチの前面もまさにソレ。

焼け野原から生まれたギミックな看板建築の手法。

こけおどしですが効果的。

現代的に見えますがある意味ではレトロな和風様式です。