Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

床の間に果実がひとつ。

f:id:ikedaartplanet:20220207155006j:plain

 

 

よそんちの床の間に

蜜柑がひとつ置かれていました。

うやうやしく。

 

 

 

神憑っているので面白く

自然崇拝チックに飾ってみたようです。

これ生育不良じゃなく「仏手柑」という品種。

普通は見ることもない蜜柑。

 

 

 

子授けを願う人には岐根や二股大根は子孫繁栄の吉兆でしょうが

こんなに授かったら

どえらいことです。