海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

映り込む景色を見る家。

 

 

 

ワガヤは海を見ることだけに特化した海辺の住宅。

 

 

この家を計画したとき

湖畔の別荘建築の様式。客船の構造。現代建築の光の取り入れ方を学び直しました。

 

 

 

 

 

 

 

"目に映る景色は光である"という意識は

長く商業写真の仕事をしていたときに身についたもの。

美しさを光量で整えるのはデザイナーのクセ。

なのでワガヤの最大の特徴は「ガラスが多い」ことかもしれません。

 

ガラスを通過した光が次の空間にどう作用するか。

景色をカガミのように映すのはどういう条件のときか。

2つの空間をガラスで仕切って広く見せる。さらにカガミ状に映して空間を2倍以上に広げる。

海を雄大に見せるための動線と角度。念入りに計画しました。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ小細工しましたが

"海を見ることだけに特化した住宅"なのでソレだけのこと。

気分良く海が見えれば

大満足なのです。