Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

老犬の星。

f:id:ikedaartplanet:20210225162917j:plain

f:id:ikedaartplanet:20210225162929j:plain

 

 

深夜。突然の全身痙攣。

見たこともない酷く大きな発作。

ぎやあーと叫び続けカラダをうねり目を見張ってだくだく泣く犬。

舌をかまないように両手でささえるしかなく

不甲斐なさと絶望の中

永遠かと思えた15分がすぎ

突然おさまりました。その後、

大阪箕面の夜間救急動物病院につれていったのが朝の5時。

 

10年前に完治した癲癇の再発は重度。

危険な状態からの

クスリの副作用で朦朧として

すべてのシツケがトンでしまったぐでぐでの状態。

立って歩けるまでに5日ほどかかりました…

 

 

 

 

「老犬だからしようがないですよ。もーなにもできなくても。

今の状態に向き合って

最後までよきように暮らしてあげてください」

それから数日。

 ええっカラダ復活してる。意識バッチリ。シツケもぜんぜん元通りやん。

 

 

海辺で復活祭り。

17才のV字回復は想定外で全てが夢のよう。

幸運にもクスリの副作用で食欲は5年前のように旺盛に。

偏食に困った日々よサヨウナラ。

老犬の星は120%。

ますます元気です。