海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

あなたは誰ですか。

f:id:ikedaartplanet:20220104172224j:plain

 

 

御神酒をいただきながら

杯のそこには顔。

 

 

 

ツマのは恵比寿天。とくればワタシのは大黒天か。

ともちがうぞ。七福神なのはまちがいないが。

消去法でいくと

インドのメジャーな〇〇天グループではなく残るは寿老人か福禄寿。

やはり年寄りだ。杖を持ってるぞ。

マイナーな中国系じいさんのどちらか。

そんな区別が酒席でつくわけもなく…。

 

 

たしか鶴か鹿をつれてるのが寿老人やん。桃を持ってるよね福禄寿。

ハゲてるのは布袋と寿老人。大黒天と福禄寿はおんなじ帽子をかぶってたはず。

この杖は誰の杖。どっちかが巻物を持ってたはず。

 

 

正解は福禄寿。ただ寿老人と福禄寿はもともと同一人物だったそうです。

正月からどうでもいい話。

ワタシの御神酒はしょんぼり福禄寿でした。