海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

二大名物と生け簀の決戦。

 

 

「ふたりですがサイズは中でお願いします」

 

 

当日入荷次第の名物。

予約時から頼んでおいた〈活いかの姿造り〉と一本釣りの〈野母んアジ〉

漁港からの鮮度そのままに生け簀で

無事に泳いでおりました。

「生け簀居酒屋むつ五郎」

長崎駅からタクシー。店の名前をいうと連れて行ってもらえます。

眼鏡橋の下手。なかなか有名な大箱。

 

 

その日釣った名物を目の前のおおきな生け簀へ。

目の前でとりあげて

しめて供する。

 

 

京都岡崎にも生け簀料理はありますが意味も次元も違う。

ピクピクむっちゃ生きてるし。すんごい量の刺身をたべつくすと

お楽しみはソレからでした。

 

 

 

 

 

 

いかの胴体は天ぷらに。アジのあらは味噌汁に。

ツマミと締めで満腹。

長崎の夜はイイ風情。よっぱらうにはいいとこです。