海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

「三条神宮道」ホテルの窓から旧居を見る。

 

 

 

夜。そして朝。12年間住んできた岡崎界隈の街と家を眺める。

 

 

 

いまのワタシはホテルから見下ろすだけの旅人。

「こんなところに住んでいたんだ」

ぎゅうぎゅうと詰まって暮らしていた京都への違和感。

自分の中のスケールがたった2ヶ月で大きく変わったことへの気づき。

ワレワレはもはや"異邦人なのだ"と整理がつきました。

「もうなにものでもない」

京都人の呪縛とは呪いではなく

幼いころの自分がかけたたんなる縛りだったのか。

中京区から左京区へ。そして京都府の果てへ。

京都の中心核から遠ざかるほどに緩んでなくなる習慣と暗示。

 

 

 

ここ久美浜では粽も根引松も飾る家はなくいわれを知るひともいない。

京都人は全員"蘇民将来の子孫"で呉越同舟でしたが

いともかんたんに

開放されました。