海一列目のAtelier日記 by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」1999年 四条烏丸。2011年 平安神宮横の「町家Atelier」をへて2023年11月 京都府久美浜町「海のAtelier」に移転。このHPは「和」のしつらえや提案「適切な在り方」を求められる当社の本業とは別〈海辺に家を建てて移住しちゃった京都人の日記〉波打ち際からこっそり更新中。

最凶の強風に2人おののく。

 

 

 

「ここの海辺の強風は桁外れだ」スゴイぞとお隣さん達から聞いていましたが

昨年は台風が一度も来ませんでした。

なので1月7日の深夜が"移住してから初めての凶風"夕暮れから朝まで

12時間最悪でした。

 

 

 

 

風向きが海からどんぴしゃ。

白波が2階までバンバン降り注ぐ。雨風にガラス叩かれまくる。

"YKKのAPW430"強靱なはずの三重ガラス窓が揺れてありえないすきま風がピー。

ピーピーピーピーピーピーピーピーピーピー。

小鳥のようにわななく10枚の重量級ガラスたち。

窓が屋根が。新築の家なのに壊れるんじゃないかと。

リアルに洗濯機で家丸洗い。

怒号のようなすさまじい強風で屋外の机はとんでったあ。

三流のカルトムービー。こころなしか家も揺れます。

「こんなん寝れへんやん…」といいながら眠って目覚めると

まもなく無風。水面はみごとに鏡面。

 

 

 

木が折れてた。

確かめると京丹後市全体では最大風速たったの3m表示。

海沿いポツンと一軒家の"ワガヤだけの凶風"だったのか。

 

 

 

無風の中では被害を叫んでもオオカミ少年の声はだれにも響かない。

まず調べたのは「風速計はいくらで買えるのか」

そもそもあの強風はなんだったのか。

ホントの出来事だったのでしょうか。