Atelier日記「京都の平熱」by Ikeda Art Planet

京都のプロダクトデザイン事務所「イケダアートプラネット」2011年11月1日 四条烏丸から平安神宮のよこ・大正後期築の町家「京町家@Atelier」に移転しました。このHPは「和」のしつらえや提案「日本的なモノ」を求められる当社の本業とは別〈ありふれた日々〉のあれやこれや。京都・岡崎のちょっと有名な古民家地区から京都暮らしの熱量をこっそり更新中。

黒い革靴。

f:id:ikedaartplanet:20210722234908j:plain

 

真っ黒の靴。

仕事以外で買うのは初めて。

 

 

 

ワタシが思うに真っ黒の靴はスーツの相棒。

つまりワタシの長年の敵。

スーツの自分は嫌いな姿。なので

ソコを強く否定することが〈自分らしさのテーマ〉だったよーです。

黒いクツは買ってもソールはいつも白。

それがポリシー。

自由の証なのでした。

 

 

 

なのに真っ黒の靴。

買っちゃった。自分でも青天の霹靂。

 

 

 

五十代も後半の人生。

老いてくるほどに何でもありになっていきます。

イーことなのか ソーじゃないのか。

よくわかんないのですが

ちいさなトライは続きます。